勤務スケジュールやファッションが自由、若い世代に嬉しい外資系企業の特徴

柔軟な勤務スケジュールが可能

外資系企業の特徴の1つは、労働時間や休暇制度に対して自由度が高く、柔軟な勤務スケジュールで働けることです。これは実際外資系企業に勤める若い世代の中でも満足度の高い特徴です。日系企業と言うと、残業が多くなかなか定時で帰宅できなかったり、休暇取得を申し出辛い雰囲気があったりというイメージをもっている方も多いでしょう。外資系企業はワークライフバランスを重視し、プライベートも充実させることが当たり前という風土があるため、ある程度自分の考えで勤務スケジュールにメリハリをつけることができるのです。

ただし、限られた勤務時間内にいかに効率よく業務をまわし、成果を上げられるかについては外資系企業の方がシビアです。日本社会では美徳とされがちな残業も、勤務時間内に仕事ができない人が行うものという考えで、あまり好まれません。

服装の縛りがなく自由にファッションを楽しめる

会社勤めをしている人の服装と言えば、形はスーツやジャケット、色味は華美になり過ぎない落ち着いたもの、ネクタイやストッキングなどの小物までしっかり合わせる、というようなイメージが浮かぶのではないでしょうか。実際に、多くの日系企業ではこのようなファッションがスタンダードです。

しかし、自由な社風が多い外資系企業は、ファッションについても特に決まりをもうけていない傾向にあります。服の形も色も小物も靴も全て自由です。例えば日系企業においてTシャツや丈の短いスカートを着用しながら働くとTPOにそぐわないとみなされるかもしれませんが、外資系企業では個人の判断の範疇です。勤務中も好きなファッションを楽しめることは、おしゃれに敏感な若い世代には魅力的ですよね。ただし、業種によっては外資系でも勤務中のドレスコードをもうけている場合があります。

© Copyright Global And Foreign Companies. All Rights Reserved.