同じ働き方や職種でも外資系企業の方が年収が良く、待遇が良い可能性

実力重視で稼げる可能性大

外資系企業は、日本企業のように年功序列という考え方が一切ありません。 日本企業の場合は、いくら仕事で成果を出せたとしても年齢のせいで、なかなか昇給せず役職もあがらずで仕事に対してやりがいを抱かなくなることがたまにあります。 それに対して外資系は年功序列が全くありませんので、個々の仕事の成果で昇給したり出世できたりします。20代で年収500万円以上で係長という役職を得られるとします。そういう労働環境であれば、自分でも成績を残せれば出世できるという意欲がわいてきます。 そうすれば、仕事に対して頑張りが生まれて会社の売り上げも上がります。そうなれば、会社側が社員に給料として還元しますので、それで社員がまた頑張るという良いサイクルが生まれます。

福利厚生が良く働きたくなる

外資系企業の場合は、とにかく福利厚生が日本企業に比べたら大変良いです。 まず、社員食堂が無料の所があります。大抵は格安で提供していますので、この無料で提供というのが大変良いです。そして、会社によっては昼寝部屋を設けている会社があります。これはスペインでは昼寝の時間を設けている会社がありますので、それに倣って設けていると思われます。 そして、極めつけは娯楽スペースを設けている会社があることです。これは、社員同士の交流を深める為に設けています。 このように、外資系企業の場合は労働者同士の親睦を深めるものや社員の労働力アップと作業効率を上げる為に行っています。 このように考えてみれば、日本企業より外資系企業のほうが人気があるのです。

© Copyright Global And Foreign Companies. All Rights Reserved.